交通事故 [事例2]

医療照会の結果、異議申し立てが成功。示談金大幅アップ。

30代男性
主な症状損害賠償金
むち打ち(頚椎捻挫、腰椎捻挫等) 290万円

背景

車を停車中に、後続車から追突されたという追突事案です。
Aさんは、後遺障害の申請について、非該当であったことから、専門家を入れて緻密に行いたいと思っていました。
また、Aさんは、過去の経験より、弁護士に依頼すると、示談金額の増額が期待できることをご存知であったため、交渉をご希望されておりました。

対応

まず、Aさんの加害者請求により後遺障害認定結果が、非該当であったことから、異議申し立てを行うことになりました。
異議申立てにおいては、そのまま不服の意見だけを記載しても、まず結果が覆ることはありません。新しい医学的な証拠(医証)が必要になります。 
今回の事件にて行ったこととしては、経過診断書等を元に治療経過を確認した上で、医学的な観点から、治療を継続的に見ていた担当医に対して、医療照会を行いました。
その回答結果が、14級獲得に際して望ましい内容であったことから、それを踏まえて異議申し立てを行いました。

結果

医療照会結果を元に、異議申し立てを行ったところ、無事に 14級9号を獲得することが出来ました。
後遺障害を獲得できた場合、後遺障害慰謝料及び逸失利益というものを請求できるようになるので、それまでとは金額が変わってきます。
獲得できなければ、おそらく3桁に満たない程度の金額かと思われましたが、後遺障害等級を獲得できた結果として、290万円を獲得することが出来ました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-580-201 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-580-201
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ